本文へスキップ

栃木県北原発被災者弁護団

栃木県北原発被災者弁護団とは

栃木県北原発被災者弁護団とは

栃木県北原発被災者弁護団は、「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク」(SAFLAN)に所属する弁護士と「東日本大震災による原発事故被災者支援弁護団」(原発被災者弁護団)を中心とし、那須塩原市・那須町・大田原市の住民が原発事故による損害賠償を東京電力に対して請求するために特別に結成された弁護団です。
平成26年12月より、尾谷恒治が共同団長となりました。

団  長 弁護士   尾 谷  恒  治   (東京弁護士会 所属)
     早稲田リーガルコモンズ法律事務所 
団  長 弁護士  粟 谷 しのぶ   (第二東京弁護士会 所属)
     水野泰孝法律事務所     
事務局長 弁護士  水 橋  孝  徳   (第二東京弁護士会 所属)
     早稲田リーガルコモンズ法律事務所
事務局次長 弁護士  清 水   卓   (第二東京弁護士会 所属)
      しみず法律事務所

事務局   早稲田リーガルコモンズ法律事務所 内

福島の子ども達を守る法律家ネットワーク(SAFLAN)とは

 政府指示による避難区域の外側に居住する方や避難する方(自主的避難者)の支援を目的として結成された法律家のネットワークです。政府指示による避難と比較して、区域外避難への支援が遅れていることを懸念した東京や福島の子育て世代の弁護士を中心に、原発事故後の平成23年7月に結成されました。


栃木県北原発被災者弁護団

〒102-0074
東京都千代田区九段南1-6-17
千代田会館4階

TEL 050-3691-3715